【FF7】一歩を踏み出せないあなたへ送る、クラウドの生き方に学ぶ人生哲学

スポンサーリンク
生き方

なんかすごい良いこと

言いそうなタイトルですが

ただのゲームやった感想です笑。

※ネタバレ含みますm(__)m

 

自粛期間中に話題沸騰だった

「ファイナルファンタジーVII リメイク」。

 

を、やった訳ではなく、

何故かアプリで原作を私はやりました。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
kee
kee

活字を愛してるものの活字には愛されてないWebライターです。語彙力、文章力が高まる情報を中心に発信していきます。テキストでしかできない、想像の余地を楽しめるブログを構築中です。基本ふざけています。
趣味:ねこ/ディズニー/筋トレ・ストレッチ・ヨガ/Jリーグ/面白い言葉探し

keeをフォローする

数十本のゲームをやってきましたが一番感動しました

リメイクを買おうと思っていたのですが、

まずは原作をやってからの方が

楽しめるかなと思いまして。

 

今さら初代プレイステーションのポリゴンに

耐えられるのだろうかという不安は

あっという間に拭い去られたのは言うまでもありません。

 

久しぶりにゲームで情緒不安定になりました。

なんて感動的なお話なんでしょうか。。

愛すべき主人公クラウド

知らない人のために

ものすごくざっくり説明しておくと、

FF7は主人公クラウドが仲間たちと

星を救う戦いを繰り広げる物語です。

夢を叶えられなかったクラウド

クラウドは

憧れの幼馴染みティファに認められたい一心で

ソルジャーという職業になることを決心します。

 

少年クラウドは意気揚々と故郷を飛び出しました。

しかし彼にはソルジャーになれるだけの素質はなく、

その夢を叶えることはできませんでした。

あげく人体実験に利用され監禁にあったクラウド

その期間なんと5年…!

こんな不憫な主人公がかつていたのだろうか。

でもこの出来事があったからこそ、

ティファに再会できたのだと僕は思います。

でも悪いことばかりじゃなかったクラウド

「俺はソルジャーになる!」と

大見得を切って町を出たのに

ソルジャーになることができなかったクラウドは

恥ずかしくてティファに会うことができませんでした。

 

しかし人体実験の後遺症で錯乱状態に陥った状態だったからこそ、

ティファとまた会うことができた。

きっと普通のクラウドだったら負い目を感じて

ずっと会うことができなかったのかなと思います。

挑戦は失敗に終わったけど本当の夢は叶えられた

それはティファに認められたいという夢。

苦しみが先行したクラウドの半生でしたが、

ティファもクラウドに想いを寄せる様になります。

結果としてクラウドは夢を叶えることができました。

本当によかった…私は普通に泣きました笑。

要するに僕は何が言いたかったのかというと…

夢に挑戦することによって叶う可能性を

0%から1%にすることができる。

たとえいかなる障害があったとしても、

そのできごとに意味を持たせることができる。

 

クラウドの人生は

そう我々に教えてくれてる様な気がします。

 

かの偉人ゲーテは

「前進をしない人は、後退をしているのだ」

と言っていました。

 

僕にとってこのblogも

大きな夢への挑戦です。

 

失敗してもまた立ち上がればいい。

成功するまで何度でも挑戦する。

 

今何かに挑戦しようとして迷ってるあなた。

ぜひ僕と一緒に挑戦しましょう。

年齢は関係ありません、

人生は今日が一番若い日ですからね。

毎日がエブリデイ!←疲労で錯乱状態

 

締まりが悪くなってきたので

ここらでどろんさせていただきます。

また明日お会いしましょう(´・ω・`)

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました