【言葉の引き出し】友達との待ち合わせに遅刻した時のエレガントな言い訳3選【コミュ力】

スポンサーリンク
語彙力

 ▼本記事はこんな方にオススメ▼

  • 朝に弱く約束を守れないことが多い
  • そもそもそんなに守る気がない
  • 本当に守るべきものは何なのかわからなくなってきた

 

遅れに遅れてきた

Webライターが解決します。

 

この記事を書いた人
この記事を書いた人
kee
kee

活字を愛してるものの活字には愛されてないWebライターです。語彙力、文章力が高まる情報を中心に発信していきます。テキストでしかできない、想像の余地を楽しめるブログを構築中です。基本ふざけています。
趣味:ねこ/ディズニー/筋トレ・ストレッチ・ヨガ/Jリーグ/面白い言葉探し

keeをフォローする

真っ当な言い訳はもうやめませんか?

「寝坊しちゃって…」

「電車が遅延してたから」

「体調が悪くて少し休んでた」

 

事実を伝え謝罪することはもちろん大切ですが、

ワンランク上のマナーとして

しなければいけないことがもう一つあります。

 

気まずい時を一変させる

ワールドクラスのユーモアによる空気の転換です。

気まずい空気をユーモアでエレガントに乗り越える

本記事では

友達との待ち合わせに遅れるという有事を

艶やかに、かつエレガントに乗り越え、

ユーモア力もアピールできる言葉をご紹介します。

 

これで不測の事態を恐れる必要はありません。

 

思う存分遅刻しまくりましょう。

友達との待ち合わせに遅刻した時のエレガントな言い訳3選【3選】

①時間という概念に囚われるのはもうやめにしよう

【使用例】

なぜ遅れたのか原稿用紙一枚分に

まとめて提出して頂きたい位、激おこだよ。

……時間という概念に囚われるのはもうやめにしないか。

僕らはもっと自由に生きられる。何者にも縛られず、

自分の時を生きることが人生だ。君はそう思わないかい?

ちょっとなに言ってるかよくわからないです。

🐈解説🐈

自分の都合の良いようにしか

物事を解釈しない圧倒的な意志の強さ。

 

そして中二病を引きずっていることが推察される

唯一無二の青臭い世界観。

 

相手にこれ以上話しても無駄だと悟らせる

至極の言い訳フレーズです。

 

効き目が薄いときは

「要するに反省しています」

と潔く認める姿勢を見せることによって

失敗を素直に受け入れる

実直な人間性をアピールすることができます。

②これはプロローグに過ぎない

【使用例】

待つこと4時間…

ここまで遅刻してよく来れたね。

逆に褒めてあげたい位だよ。

…この程度で済むと思ったかい?

これはプロローグに過ぎない。

次回はもっとドデカイのブチかましてやるさ。

なに宣言されてるの僕。

🐈解説🐈

当日の遅れが霞むほどの

遅刻を次回すると声高らかに言い放つことによって

現在の罪から逃れる高等テクニックです。

 

「じゃあ今日はまだマシな方なんだ。ラッキー!」

と思わせられたらあなたの勝ちです。

 

 

「…遅刻してる時点で負けじゃない?」

 

そうお考えの方にズバリお答えします。

 

当ブログでは正論は一切受け付けておりません←

③近年まれに見る便意に襲われていた

【使用例】

さて、言い訳を聞こうか。

実は襲われていたんだ…

何に?

近年まれに見る便意に。

すさまじい戦いだった…

大丈夫だったの?

ご覧の通り、歴史的大敗さ。

帰りますね。

🐈解説🐈

「お腹が痛かった」というよくある話を

厳かな言い回しにすることによって

相手のテンションを下げる小賢しいテクニックです。

 

ただ事実を伝えるのではなく、

ウィットに富んだ言い回しに変えることによって

その場を制圧する圧巻のフレーズ。

 

 

「正当な理由なんだから素直に謝ればいいのでは?」

 

そうお考えの方にズバリお答えします。

 

もう勘弁してください←

使用上の注意

用法、用量を守って正しくお使い下さい。

まとめ

 〜友達との待ち合わせに遅刻した時のエレガントな言い訳3選〜

  1. 時間という概念に囚われるのはもうやめにしよう
  2. これはプロローグに過ぎない
  3. 近年まれに見る便意に襲われていた

「言い訳を考える前に

そもそも遅刻しなければいいんじゃない?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 

ちょっと何言ってるかわからないです←

まとめのまとめ

すいません、こういうの好きなんです…

 

何にせよ、

語彙力を上げることによって

相手も自分も楽しいコミュニケーションができるかと。

 

今後も言葉の引き出しを増やす一助になる

内容を執筆していくので、

今後とも末永くお付き合い頂けますと

これ幸いです。

 

ではまた!どろん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました